2017年2月21日火曜日

ニッコー株式会社様 神田ショールーム

皆さまこんにちは。
本日は、浴室床壁のタイルの施工例をご紹介したいと思います。

ニッコー株式会社様にご協力いただきまして、神田ショールームの展示写真をいただきました。







まず壁の部分ですが、床材アルドワーズ(RX-Y3810 800×400角)を使用しています。
アルドワーズは粘板岩を型取ってつくられたタイルで、サイズ展開も大判なことから、石の重厚感がより感じられるかっこいい雰囲気のタイルです。


そして床の部分は、床材ミティカ(IG-9230)を使用しています。
アルドワーズの雰囲気や色味と良くマッチしていて、浴室全体が高級ホテルを思わせるような仕上がりになっています。


ご興味のある方はぜひ、ニッコー株式会社様の神田ショールームへ足をお運びください☆
ニッコー株式会社様、ご協力いただきありがとうございました。





浴室に限らず、床と壁を別商品で組み合わせる難しさに悩まれるお客様は多くいらっしゃいます。カタログのお写真のみではイメージが膨らみにくいと思われますので、お時間の許す方はぜひ弊社ショールームにお越しいただき実際にタイルに触れながら検討されてみてはいかがでしょうか。


心よりお待ち申し上げます。

新商品★「コリエント」

皆さんこんにちは。
梅の花が所々で咲いていて、春の気配が感じられます。
とはいえ、まだ寒暖差が激しい日もありますので
体調など崩されぬようご自愛ください。

さて、今回は2017年新カタログから、
外壁タイルを一種類ご紹介したいと思います。

カタログ P762 

コリエント という商品です♪



ダイナミックなコテ跡の模様がランダムに入っているのが特徴です。
模様により陰影が出て見た目も雰囲気が出ます★

模様もランダムで入ってくるのでうるさすぎず、ポイントになっているのが良いですね♪




KOE-881 
KOE-882
KOE-883
KOE-884
KOE-885
KOE-886


このように、目地の色をタイルの色に合わせると雰囲気がガラッと変わります。
逆に、白っぽいタイルに濃い色の目地でもお洒落ですよね★
カフェの壁などは、白タイルに濃い色の目地が入っていることが多いように感じます。

また、黒系のブリック調タイルは使う場所によってはクールな印象がありますね。

以前ブログでもご紹介しましたが、商品ジャンルは外壁タイルでも
室内に使用することは可能です。玄関・リビング・ダイニング・階段等の
ポイントの壁にご使用頂くのはいかがでしょうか♪


外壁タイルだけでなく、内装壁や床タイルも新商品が掲載されております。
2017年の新カタログをまだご覧になっていない方は是非、チェックしてみてください!

新商品を始め様々な商品の合わせ方や、貼った雰囲気がどうなるかなど…
街中の施工事例などを見て日々研究中です。
(特にカフェ等の飲食店は入るたびに壁を触ったり厨房側のタイルをじっくり見たり…
 熱中しすぎて不審者にならないよう気を付けます。。)

ショールームにご来店された際に、イメージに沿った商品が見つけられるように、
また、幅広い提案が出来るよう、スタッフ一同邁進して参ります!!

是非ご相談にいらしてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2017年2月20日月曜日

3月休館日のご案内

3月の休館日のご案内です


3/19(日) 休館日
3/20(月) 春分の日

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。


**********************************


ショールームへお越し頂くお客様へ

【営業時間】

営業時間 AM10:00~PM17:00

平日・土・日曜日 ※休館日除く

お問い合わせ先(予約)
東京支店(AM9:00~PM17:30)
TEL 03-5350-3111

お電話やFAXは東京支店の事務所へ繋がります
ショールーム直通の連絡先はございませんので、ご注意下さい

ショールームは自由にご見学頂けます

※ショールームでの直接販売はしておりませんので、ご了承下さい。

2017年2月16日木曜日

ダイワハウス様 展示場

皆さまこんにちは

今回は神奈川県横浜市西区にあります、
ダイワハウス平沼xevo03賃貸併用住宅展示場様へ
納材させていただきました商品をご紹介致します。





































     まだまだ人気です☆☆
キッチンにコラベルのミックス

少し暗くなってしまいましたが
近づくとこんな感じの色です

NLA-1,2,17A 均等MIX










































キッチンバックにディープロジェクト
(上・ボーダー形状) GZ-U3622
(カウンター立上り・50角) GZ-R3621

色むらが渋くて
カッコイイです
重厚感が出てます



















































      最後はセメント系二次製品
ボルドストン ICN-710
石積みのダイナミックかつ繊細な表情が出ています
本来は外壁材として掲載されているこの商品ですが、
最近は内部へ外壁材を使用されることも多くなりました。


実はまだ他の箇所にも数点貼っていただいております。
写真が無いのが残念です・・

気になった方は是非、展示場へ足をお運びくださいませ。


ダイワハウス様 ご協力頂きましてありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダイワハウス平沼xevo03賃貸併用住宅展示場
詳しくはホームページをご覧ください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2017年1月20日金曜日

2月休館日のご案内

2月の休館日のご案内です


2/11(土) 建国記念の日

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。


**********************************


ショールームへお越し頂くお客様へ

【営業時間】

営業時間 AM10:00~PM17:00

平日・土・日曜日 ※休館日除く

お問い合わせ先(予約)
東京支店(AM9:00~PM17:30)
TEL 03-5350-3111

お電話やFAXは東京支店の事務所へ繋がります
ショールーム直通の連絡先はございませんので、ご注意下さい

ショールームは自由にご見学頂けます

※ショールームでの直接販売はしておりませんので、ご了承下さい。

2017年1月17日火曜日

アトレ大船駅構内 施工例

こんにちは。
寒い日が続きますね。


本日は施工例をご紹介いたします。
2016年12月5日にリニューアルオープンいたしました『アトレ大船』の駅構内に弊社のタイルが施工されております。


壁面に弊社のバイオアーチストン(PA-8501番色ベージュ)パッチウォーク(AT-4510番色ベージュ)を特注サイズにカットし、石積み風に配置し施工しています。

バイオアーチストンをサイズ違いで組み合わせることは多いのですが、こちらの現場ではバイオアーチストンとパッチウォークを組み合わせ、異なる商品でもタイル割りは完璧です。


ひとつの面に対して異なる商品を組み合わせると寸法が合わずにタイル割りがずれたり、タイルの厚みが異なるため段差ができるなど、懸念されがちですがこちらの現場ではその懸念材料さえ感じさせない見事な仕上がりです。


特にバイオアーチストンはタイルの縁が波打ったようなイレギュラーな形状で、それに対しパッチウォークは縁がストーレート仕上げ。
タイル表面もバイオアーチストンは岩面のような凹凸があるのに対し、パッチウォークはフラットな仕上がり。
と、このように異なるタイルをあえて組み合わせることでバイオアーチストンの粗い岩面がより際立って見え、ヨーローッパの街並みのような雰囲気が表現されています。

*  *  *  *  *  *  *  *  *

そしてこちらは駅構内の床です。




サークルの中に何やら模様が描かれています。この模様は『星、太陽、月、波、雲、風』をテーマとし、これらを模した形状を弊社の御影石で表現しました。

クリスタルミカゲ(御影石、使用品番多数)がこのような形状で施工されているのを不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
硬い御影石がカーブを描いている…
弊社ではこのように特注対応で複雑な曲線のカットも可能です。


駅構内の限られたスペースに工夫を凝らし、デザインされた床や壁面は足を運ぶ度に楽しめる空間に仕上がりました。


お近くの方はぜひ足を運んでみて下さい♪



長崎 波佐見焼展

皆さんこんにちは。
東京は大寒波も落ち着き、例年の冬の寒さに戻ったような気がします。
雪が多く降った地域の方々は、道路の凍結や落雪等にお気を付けください。

東北地方出身の私は、東京に来たばかりの頃は「雪も降らないし、冬なのに暖かい!」
なんて思っておりましたが…最近はすっかり寒さで風邪をひいてしまったり、
暖房器具に頼りっぱなしの毎日になってしまいました…。
初心を忘れず(?)しっかり体調管理をしていきたいと思います!


さて今回は、長崎の波佐見焼についてご紹介したいと思います。

少し前になるのですが、代官山にて 長崎 波佐見焼展 が行われていました。
偶然通りかかった際に見つけ、展示を見学してきました!




長崎県の北東部に位置する波佐見町で作られている波佐見焼。
歴史は古く、日用食器の産地として約400年前の江戸時代から続いています。

展示では時代ごとの日用食器が展示されており、懐かしい気持ちになりました。
知らない間に食卓で波佐見焼の食器を使っていたのかもしれません!

最近はモダンなデザインで人気のようです。ネットで「波佐見焼」と検索すると、
「北欧食器みたいな和食器」「モダンなデザインで人気」「おしゃれで使いやすい」
などの記事がたくさん出てきます!
ウェブショップもあるようなので気になる方は検索してみてください♪


食器や小物類のショップも併設されていて、デザインも豊富でとても魅力的でした。
何とも言えない表情に一目惚れ…。クマの箸置きを購入しました♪

波佐見のことりっぷ、とても魅力的でした★

何度見てもかわいい~~。完全に自己満足です

古くからの歴史を守りつつ、流行のデザインも取り入れる…
同じ焼き物として、タイルにも通ずるものがありますね♪

トレンドを取り入れた新商品が掲載された2017年カタログも
発行予定となっておりますので、楽しみにしていてください!

新商品の展示も進めて参りますので、次回ご紹介出来ればと思います★

皆様のご来店を心よりお待ちしております。